マスク未着用を注意され「傷害」会社員の男を逮捕

この記事をシェア

  • LINE
福岡 2021.05.02 12:07

福岡市・天神の路上でマスクをつけていないことを注意され、男性を殴ってケガをさせたとして27歳の会社員の男が逮捕されました。

傷害の疑いで逮捕されたのは、大阪府の会社員、有田雄大容疑者(27)です。有田容疑者は昨夜11時ごろ、福岡市・天神の路上で市内に住む会社員の55歳の男性の顔を殴り転倒させ後頭部から出血するケガをさせた疑いです。

警察によりますと、有田容疑者は旅行で福岡に来ていて、友人2人と歩いていたところ、通りすがりの男性からマスクをつけていないことを注意されもみあいになったということです。

有田容疑者は警察の調べに対し「先に手を出されたから暴行した」と主張し容疑を認めています。警察が当時の状況を調べています。