気になる福岡の情報満載!FBS Journal

2021.03.18

たどりついたのは、母と娘のラブストーリー。【ウチカレ】最終話レポート

恋愛ドラマのようで、実は母娘の愛を描いた人間ドラマだったんだな…さすが、北川先生。深い…。
「ウチカレ」最終話を終えて、いま、しみじみそう感じております。

碧の空の、風雅の、漱石の、みんなの決断。
おさらいしてみましょう。




母ちゃんに突如訪れたモテ期!
光(岡田健史)の存在を愛しく思い始める空(浜辺美波)のシーンで終わった前回。
続きからかと期待したものの、最終話のスタートは空の育ての母・水無瀬碧(菅野美穂)の小説映画化絶好調という話題から。

そしてここで編集長・小西(有田哲平)から碧の担当編集・漱石(川上洋平)がNYに転勤になるため、自分が担当に戻ることが告げられます。

「自分の口で言いたかった」漱石は、「僕とNYに行きませんか?」と決死の覚悟でプロポーズ!

そして先週、空の父であり碧の元カレである風雅(豊川悦司)から「一緒に沖縄でやりなおさないか」とプロポーズされた碧。母ちゃん一気にモテ期!?

いつまでもすずらん町に居座る風雅が面白くない碧の幼なじみ・ゴンちゃん(沢村一樹)は、風雅に煽られたこともあり、職場であり実家でもある「おだや」の店内で風雅をボッコボコに!
同じ場所に漱石も居合わせ、風雅、漱石、ゴンちゃんのそれぞれの想いが表面化します。

一方、空は風雅との沖縄旅の道中で、「母ちゃんにはゴンちゃんが必要だ」と風雅に語っていました。
そんな前提があっての、風雅のあえての演技だったのか?漱石も自分のことをからかっているのか?
様々な想いが交錯する碧に、空はサリー(福原遥)から教えてもらった「本当に大切な人」の話をします。

そして。碧が一番大切に想っているのは、いばらの道で、振り返ったときにいてくれる存在ではなく、自分の前を歩く空の存在でした。

私はもう、誰かについていく人生は選べない。行きたいところには自分で行く。
それはきっと、空の産みの母・鈴(矢田亜希子)に代わり、空を育てると決めた頃の碧と本質的には何も変わっておらず、一見空気や人の気持ちが読めないところもありますが、自分の人生を自分で決めたい碧の新たなる覚悟となったのだと思います。そして、最終的に、碧は風雅でも漱石でもなく、空を選んだのでした。



空と光のあいだには…
先週のラストシーンからすると、まだ空は光への想いには気づけていない!?と思われましたが、まさかの渉先生(東啓介)にお別れを告げます。
無理に気持ちに名前をつけることはない」でも、「なくしたくないものは守らないと」。辛い想いを振り切り、空の背中を押してくれた渉先生…最後までいい人でしたね。
そしてそんな渉先生のもとに、小学校の頃に約束をした女の子から連絡が届きましたね!見ていた皆さんはほっとしたのではないでしょうか。
(渉先生、今度は幸せになってね!)

そうなってくると、ますます気になる空と光の関係ですが、何はともあれ、マンガです!完成したマンガを二人で投函する様は、まるで婚姻届けを提出するかのような一体感で大変ほほえましいシーンでした。
そして、結果は「努力賞」。どうやら二人のマンガ家生活はスタートを切ったようです。
「俺、実は彼女いない」と聞いて最高の笑顔でほほえみかえす空。あぁもう、いいよ、結論ここでいい。イチャコラ見たかったけど、それは妄想する!(もしくは番外編希望!)



碧、空、みんなのそれぞれの道
漱石との最後のシーンで「オワコンだった私に、君が涙を見せてくれた。あの涙だけで、私はこれからも書いていける」と告げた碧。
「ずっと君のことを忘れないから、私のことを忘れないでくれ!」と、途中から笑いに変わってはしまいますが、ほんの一瞬とはいえ、漱石と碧の気持ちが通い合ったことは間違いのない記憶として、私たちがしっかりと墓場まで持っていきましょう!

ゴンちゃんにボコボコにされた風雅を気遣っていた空が、ふと「父ちゃんは、空のことをどんな女の子だと想像してただろうか?」と尋ねます。
この問いに対し、「私の中で、少しずつ大きくなっていきましたよ」と返すその途中からの風雅の嗚咽!!!(爆泣)
風雅は風雅なりに、鈴に最後につかれた優しい嘘を含め、色んな想いを抱えていたのですね…。
碧に「一緒には行けない」と告げられた際、わかってはいたし、半分はゴンちゃんを焚きつけるつもりだった、とはいえ、半分以上は本気だったとこぼしました…この器用そうで不器用な風雅にも、穏やかな春が訪れるといいですね…。


最初の数話で空に渉先生というカレシができてしまい、「タイトル回収されとるやん!」と思ったのは今だから言えることですが、全10話を通して、碧、空、漱石、ゴンちゃん、風雅、光、渉先生、サリーに俊一郎さん(中村雅俊)と、それぞれがそれぞれの大切なことに気づく、恋愛ドラマのようでいて、実は深い深い、人間ドラマ、そして母娘のラブストーリーだったんだなぁ、と、いま、この10週を思い返して噛みしめています。


毎週、ハラハラしたりソワソワしたりと忙しい水曜日でしたが、碧も空も変わらない生活を選び、ただ、ちょっとだけゴンちゃんと光が近づいた、一周まわってみんながちょっとずつ成長するストーリーだったんですね。

ありえない設定とありえないエピソードの連続でしたが(だってそれがドラマだもんね♪)、そんな上質な設定の中で、見ている私たちも、心が痛くなったり、温かくなったり、登場人物の口から紡がれる素敵な日本語に心を震わせたりと、とても良い疑似体験をさせてもらったように思います。

そして。
北川ドラマと言えば、女性の想いがいつもテーマでありながら、同時にイケメン俳優が爆誕するという法則付きだったりしますが、今回光役を演じた岡田君、そう、福岡が誇る岡田君は、これまで以上に人気が出ることと思います!

ドラマは終わってしまいましたが、ウチカレファミリーの今後の活躍を願いつつ、結びの言葉とさせて頂きます!

10週間、お付き合いくださりありがとうございました!
いまから夜食のカップヌードルを食べます!(もちろん2分47秒で♪)やーっ!

イラスト鎌田かまを

この記事を書いた人

SNSでシェアする

人気タグから記事を探す

関連記事