2019/11/25
筑後二川保育園(筑後市)

かんそう

ぽかぽかとした小春日和、園庭の元気な子供たちの声に心和む毎日です。
御社より送っていただきました「ゆめんたとチャックル」子どもたちは勿論、職員も一緒に見ました。
「心のチャック」を開くことで、どれだけ気持ちが軽く明るく前向きになれるか、子どもたちだけではなく、私たち大人へのメッセージでもあると思いました。
そして、子どもたちの心のチャックを開いてあげるお手伝いをするのは、私たち保育者であると感じました。
心の中は実際に覗けないからこそ想像力を働かせ、その子どもの気持ちに寄り添うことが大切だと思っています。
子どもたちの明るく無邪気な夢を大切にしながら、私自身も夢を追いかけ日々頑張りたいと思います。

社員皆様のご活躍をお祈りいたします。
この度はゆめいっぱいの、心がキュンとなる絵本をありがとうございました。
50周年おめでとうございます。
年長児の子どもたちのぬりえをお送りいたします。一生懸命塗りました。