Now loading...

ホークス情報

2018年2月4日

金子広報の1推し もう1頂! 上林誠知


チャンピオンフラッグが掲げられる中
2年連続日本一を目指し
連日ハードなトレーニングに取り組むホークス選手たち。

その選手たちの動向を伝えようと
報道陣の取材もヒートアップ

そんな選手を陰でサポートするのが
2016年に現役を引退し
現在、球団広報を務める金子圭輔さん。

【金子広報】
新米広報の僕の一押しの選手は、
嘉弥真選手と岩嵜選手です。

去年のキャンプでは、
現役時代から選手をよく知る金子広報が
期待のイチオシ選手を紹介してくれました。

そこで今年も金子広報イチオシの選手を
「もう1頂!」お願いしま~す!

【金子広報】
「僕のイチオシする最初の選手は上林くんです。よろしくお願いします。」

【上林選手】
「なんか変な感じですね、ネコさんから取材されると。

【金子広報】
「2軍で俺がやってたときに15年が一番多かったかな16年も多かったけど、
 15年に関しては1,2番が多かった俺と、多いイメージがあったから、
 いつもヒット打ってたので俺はいつもバントで助かってたんだけど(笑)」

「彼はそのとき2年目だったんだけど、当たればヒットになるというイメージがあったんですよ。
 どこに転がってもヒットだった、足も速かったし、」

その上林選手は
去年、外野の一角を任され134試合に出場。
大きな飛躍を遂げました。

【金子広報】
「監督がライトはレギュラー争いして欲しいといっていたけど、
 そこに関してはどういう思いですか」

【上林選手】
「去年のシーズン終わって、オフに入る前からその気持ちでやってきてはいるので、
 また1からレギュラー獲るつもりでやりたいと思います。」

レフトの中村選手、
センターの柳田選手はレギュラー当確。

残るライトのレギュラー獲りへ向け
上林選手が今年新たに取り入れたものがありました。

【金子広報】
「スパイク、内川さんと同じやつに変えた、あれどうですか?」

【上林選手】
「まず変えた理由としては憧れてるイチローさんが履いていると言うことが一番大きいんですけど、
 履いてみた感じというか、去年1回内川さんに履かせていただいて走ったときに進み具合というか、
 結構よかったので、感触はいい感じです。」


「特徴としては、外側に歯が多くついていて、それが特徴ですね。」

「人間て歩くときとかに外側からついて内にいくみたいなんですよ、
 なので外側の力というのが強いみたいなんですよ。それで外側に多く歯をつけていると聞きました。」

このキャンプから履き始めた新しいスパイクは、
特注したオリジナル。

そのスパイクを手がけたのが
鳥取市にあるトレーニング研究施設「ワールドウイング」。

イチロー選手がオリックス時代から
トレーニングを行っている場所です。

イチロー選手が長年愛用するスパイクと
同じタイプのものを使ってみたい。
その思いから、去年、鳥取まで足を運びスパイク製作を依頼しました。

【金子広報】
「イチローさんへの憧れ、どこがかっこいい」

【上林選手】
「どういうところというか全てですよね。全てなんですよね。」

上林選手が子供の頃に目にしたのが、
メジャーリーグに挑戦し
数々の記録を打ち立てたイチロー選手の姿。

アメリカで躍動する“背番号51”に
上林少年は心を奪われました。

【金子広報】
「(チームも)そういう選手になってほしいというのもあったと思うけど」

【上林選手】
「背番号を球団側から提示されるというのは知っていたので、
 何番かなと思ったときに51番と言われたので、」

「小さい頃からイチロー選手が好きでした。
 イチローさんに近づけるように頑張っていきたい。」

入団当時から溢れていたイチロー選手への“憧れ”。
同じ51番を背負いプロ人生をスタートさせました。

【金子広報】
「実際(51番を)つけて絶対うれしいよね。」

【上林選手】
「すごいうれしかったです。ほんとに。素直に。」

「そのときは感情とかも出てなかったんですけど、今もですけど。」

【金子広報】
「今も出てない(笑)」

【上林選手】
「今もですけど、でも本当は嬉しかったです。めちゃくちゃ。】

Qイチロー選手はクールなイメージ、それも上林選手に染みついている

【上林選手】
「それが一番ですね物まねというかずっと小さい頃から見てきてるので、その印象しかないですね、
 野球の時はあまり笑わないし、冗談言うときは言うし、それを真似してるだけです。」

憧れのイチロー選手に少しでも近づこうと
スパイクも変えた上林選手。

プロ5年目の今シーズン、
ライトのレギュラー奪取に再び挑みます。

【上林選手】
「昨年いい時期もあったんですけど、それがなかなか継続できなかったので
 そこが今年は一番の課題かなと思ってるので、
 “継続力”というのを特に意識してやっていきたいですね。」

【金子広報】
「今年は活躍して日本一になって、
 夢スポに出演できるように頑張りましょう。」

【上林選手】
「お邪魔します。」

メールはこちらから

【E-mail:24時間募集中!】
sports@fbs.jp

あなたのメールを番組でOA!
質問、疑問、応援メッセージなんでもOK!

*お預かりした個人情報は、当社の制作および放送に関する個人情報本人との連絡に利用いたします。

 


 

Now loading...