Now loading...

アビスパ情報

2018年1月28日

アビスパ福岡×ギラヴァンツ北九州 トレーニングマッチ


井原アビスパ4年目
新シーズン初の対外試合は
森下新監督率いるギラヴァンツ北九州との
トレーニングマッチからスタートしました。

30分を4本行ったゲーム
1・2本目はベテラン・山瀬や
浦和から復帰の田村、ルーキー・木戸が入りましたが
ユースが入る、若手主体のメンバー

ガンバ大阪から期限付き移籍の
平尾がサイドバックの位置から前線に顔を出し、
シュートまで持ち込みますが、無得点に終わります。

そして3本目から、森本が入ったアビスパ 
4-4-2の布陣 森本・松田の2トップ
左のサイドハーフに石津 右に新加入のユ・インスが入りました。

この試合ですが、
アビスパは中央からサイドに展開する形が
多く見られました。

さらに森本選手が囮となって
スペースが空いた左サイドからクロスを入れますが、
ボールが繋がらず、シュートを打つことが出来ません。

4本目にはセットプレー
鈴木惇から新加入・篠原のヘッドは
キーパーに阻まれます。

さらにゴール前、ボールをつないで
石津のシュートは枠をとらえることはできず…

結局、両チーム決め手を欠き
アビスパ今シーズン最初の対外試合
0対0で終えました。

【石津選手】
「もっと連携のところで高めていかないと、点にはつながらないと思いますし、
 質の高いプレーをできるようにもっともっと体を慣らしていきたいなと思います。」

【井原監督】
「今持っている自分のプレーというものはみんなしっかりやってくれたと思いますが、
 チーム全体のゲームとしてやろうとしていること、
 チャレンジしようとしていることはまだまだこれからだなという印象はあります。」



そして27日(土)
筥崎宮での必勝祈願
サポーターおよそ300人が集まりました。
去年なし得なかったJ1昇格へ
井原監督も抱負を新たにしました。


【井原監督】
「J2を優勝して昇格するという目標をチームとして掲げてスタートしました。
 最後まで精一杯努力していきたいと思いますので、1年間熱い声援お願いします。」

メールはこちらから

【E-mail:24時間募集中!】
sports@fbs.jp

あなたのメールを番組でOA!
質問、疑問、応援メッセージなんでもOK!

*お預かりした個人情報は、当社の制作および放送に関する個人情報本人との連絡に利用いたします。

 


 

Now loading...