Now loading...

アビスパ情報

2018年1月14日

新体制発表・2018始動 冨安選手はベルギー移籍決定


【井原監督】
「メンバー的には十分な戦力が揃ったかなと思っています。」


アビスパの2018年新体制発表
新加入9選手のうち7選手が参加。
中でも注目されたのが―


【森本選手】
Q福岡の印象は
「屋台がすごくイメージがあります。」
 (サポーターは)熱いイメージがあるし、口が悪い(笑)」


2004年に「15歳11カ月28日」で
J1最年少ゴールを決めたストライカー

イタリア・セリエAでもプレーし
南アフリカのワールドカップメンバー
元日本代表・森本貴幸選手。


【森本選手】
「自分の力を全力でこのチームに還元できるように
 全力でプレーしていきたいと思います。」

そしてもう1人、清水から期限付き移籍の枝村匠馬選手
中盤の位置から得点だけでなく、
周りを生かすプレーも期待されます。

【枝村選手】
「アビスパはすごく優秀な選手がいますし。未来を感じています。」



その一方で―



【冨安選手】
「海外移籍という一つの目標がかなってよかったと思いますけど、
 ここからがスタートなんで…」

去年は35試合に出場した
アビスパDF陣の要
U-20ワールドカップでも中心選手として活躍を見せた冨安選手。

ベルギー1部・シント=トロイデンへの移籍が決定
アビスパから初のヨーロッパ挑戦です。


【冨安選手】
「アビスパに入っていなかったら
 今の僕はないっていう風にも思うんで本当に感謝していますし
 常に僕の心の中にアビスパ福岡というクラブはありますし、
 これから先も変わらないと思う―」


福岡で生まれ、アビスパで育ったクラブ愛を胸に“海外”へ―


冨安選手は夢スポの取材に対しても
常に海外への夢を語っていました。


【冨安選手】去年4月
「世界のライバルに追いつくためには、
 1日でも早く出ていかないといけないという気持ちもあるので―」


この取材から、わずか9か月
アビスパから世界へ―
19歳の若武者が挑んでいきます。


【冨安選手】
(福岡のファンヘ)
「7年間本当にありがとうございました。
 J1に上がれずに出て行くと言うことは本当に申し訳ないですし、
 悔しい気持ちもあってたくさん悩みました。
 でもやっぱり行きたい気持ちの方が強く、移籍する決断をしました。
 ベルギーに行っても頑張るんで、
 本当に心の片隅にでもいいんで応援してくれたら嬉しいです。がんばってきます。」

Q福岡のことも気になります
「やっぱりそうですよ。常に毎週毎週結果は見ると思います。」



11日にはアビスパの2018年シーズンが始動
ウェリントンに変わる得点源として加入した
FW・トゥーリオ選手もこの日から合流しました。

【トゥーリオ選手】
「以前から日本の文化に興味を抱いていたんだ。
 このタイミングでアビスパからオファーがあって、
 自分にとっていいチャレンジになるのは間違いない。」
 サポーターの後押しがあってこそ、
 チームは最大限の力を発揮することが出来るんだ。
 だからみんなが一丸となってJ1昇格を達成したいね。」 


4年目を迎える井原アビスパ
指揮官の目標設定は―


【井原監督】
「勝点84以上を取る。
 そうすれば自動昇格もしくは優勝争いをしっかり絡めるので、
 とにかく優勝という二文字を選手には意識させて今シーズンは戦って行きたい。」

メールはこちらから

【E-mail:24時間募集中!】
sports@fbs.jp

あなたのメールを番組でOA!
質問、疑問、応援メッセージなんでもOK!

*お預かりした個人情報は、当社の制作および放送に関する個人情報本人との連絡に利用いたします。

 


 

Now loading...