Now loading...

ホークス情報

2017年10月29日

日本シリーズ 第1戦




ソフトバンクファン「1ダホ―」
DeNAファン「I Love 横浜」

ファンのボルテージも高まる中、
試合前、ホークス日本一奪還のカギを握るキーマン・柳田選手を直撃―

Q 打順は1番の可能性高い、心がけることは

【柳田選手】
「しっかりチームに勢いをもっていけるようにやりたいなと思いますし
 場面場面でしっかりいい仕事したい。」

その柳田を工藤監督は予想通り
CSファイナルに続き1番で起用。

初回、注目の第1打席

センター前へ運び出塁。
チームに勢いを呼び込みます。

その後、送りバントで2塁へ進むと
日本シリーズ初出場の3番デスパイネが
レフトへのタイムリー2ベース。
DeNA先発・井納から
わずか7球でホークスが先制点を奪います。

さらに続く2回。
ヒットの松田を一塁において
長谷川!

センター・ホームランテラスへ飛び込む
シリーズ第1号の2ランHR。
頼れる選手会長の一発でリードを広げます。

ホークス初戦のマウンドを託されたのは
日本シリーズ初先発となる千賀。

その千賀は
3回まで毎回ランナーは許すものの
自慢のお化けフォークを武器に
要所を締めるピッチング。
DeNA打線に得点を許しません。

ホークス2点リードで迎えた5回。
先頭・今宮がフォアボールで出塁すると
工藤監督が動きます。
今宮が盗塁を仕掛けると
キャッチャーの送球が逸れる間に3塁へ。

すると続くデスパイネに
この日、3安打猛打賞となる
タイムリーが飛び出し
再びDeNAを突き放します。

さらに2点を追加し
なおも満塁の場面で柳田

ライトへの2点タイムリー!
「場面場面で仕事をしたい」と話した柳田が
その役割をきっちり果たします。

そして、この回、2打席目となる
今宮もフェンス直撃のタイムリー3ベース!
打者一巡の猛攻で
一挙7点を奪ったホークスが
試合を決定づけます。

大量援護をもらった千賀も
7回を4安打1失点の好投で
日本シリーズ初勝利をマーク。
投打のかみ合ったホークスが
下克上を狙うDeNAを退け
白星発進です。

Q、楽しめましたか
【柳田選手】
「噛みしめました~。
 日本シリーズ乗っていけると思います。」

【工藤監督】
「柳田の最初のヒットから先制
 みんな緊張ほくれたのでは。
 第2戦も楽しく明るく元気にやりたいと思います。」

メールはこちらから

【E-mail:24時間募集中!】
sports@fbs.jp

あなたのメールを番組でOA!
質問、疑問、応援メッセージなんでもOK!

*お預かりした個人情報は、当社の制作および放送に関する個人情報本人との連絡に利用いたします。

 


 

Now loading...