Now loading...

アビスパ情報

2017年10月8日

J2 36節 横浜FC×福岡



連勝を狙うアビスパ。
きのう、アウェイで、6位横浜FC戦との一戦。
4-1-4-1というフォーメーション。
岩下は、センターバックの左。
そしてこの日も、ウェリントンがベンチスタート。
1トップに仲川が入りました。

前半7分。早速、その仲川。
切れ味鋭いドリブルで、ペナルティエリアに進入。
ディフェンスをかわし、クロスを上げるも、ここはゴールキーパー。

さらに、5分後には、
パスカットから、ドリブルで持ち込み、右足!
ここはブロックされますが、序盤から存在感を見せます。

しかし、25分でした。
コーナーキックから、ジョンチュングンに合わされ
先制点を許します。

反撃したいアビスパは、
岩下の絶妙なスルーパスで、チャンスメイク。
流れをつくると、

その3分後にも、コーナーキックから岩下。
うまくヒットはしませんが、
気迫のこもったプレーで、チームを鼓舞します。

1点を追う後半。
そのスタートから、ジウシーニョに変えてウェリントンを投入。

すると、3分。
亀川がドリブルから、左足でクロス。
反応したのはウェリントン。
しかしここは、キーパーの正面。

このあと、
足を痛めた松田に代わり、石津が入ると、

その4分後。
この位置からのフリーキック。
石津の狙いすましたゴールで、同点に追いつきます。

守りでは、やはり、岩下が奮闘。
危ないところからのクロスを
スライディングでシャットアウト。
こぼれ球をつながれますが、ここも岩下。
必死のディフェンスを見せます。

すると、29分。
ウォンドゥジェが、自陣で相手のボールを奪取。
すぐに前線に送ると
ウェリントンが収めて、石津。
ドリブルで運び、ディフェンダーを引き付けて、再びウェリントンへ。
右足を振り抜くと、ゴール左隅に。
逆転に成功します。

35分には、PKをウェリントンが沈め、
今シーズン、17ゴール目。
攻守の要が仕事を果たしたアビスパ。
今シーズン2度目の逆転勝利です。

【ウェリントン選手】
難しい試合でしたけど、自分に2度チャンスが回ってきて、
2度とも決められて嬉しいです。
ただ何よりもチーム全員で最後まで戦い抜いたことが勝利につながったと思います。

【井原監督】
1戦1戦が決戦になると思いますし今日のような厳しい戦いになると思いますので、
我々昇格のためには勝ち点3を積み上げていくしかないと思います。

メールはこちらから

【E-mail:24時間募集中!】
sports@fbs.jp

あなたのメールを番組でOA!
質問、疑問、応援メッセージなんでもOK!

*お預かりした個人情報は、当社の制作および放送に関する個人情報本人との連絡に利用いたします。

 


 

Now loading...