Now loading...

ホークス情報

2017年9月17日

2年ぶりのリーグ制覇 9月16日(土)西武×ソフトバンク



ファンの期待が高まる中
午前11時、選手たちがグランドへ。
2年ぶりのリーグ連覇へ向け
徐々にボルテージを高める選手たち。

V奪還へ向け心を1つに
いざ決戦の舞台へ-
勝てばリーグ優勝のかかる大一番
そのマウンドを託されたのは
1年間ローテを守り続け
リーグトップ15勝の東浜。

しかし、2回。
西武の4番山川に
ストレートを捉えられると
打球はレフトスタンドへ
先制を許します。

反撃したい打線は4回。
ランナーを1人おいて
4番柳田!


続く5回、
チャンスで今宮が
レフトへタイムリーを放ち
追加点を奪うと-

中村もヒットで続き
前の打席、ホームランの柳田。
ライト線を破るタイムリー2ベース。

この回、5本の長短打を集め
一挙4点を奪いリードを広げます。
東浜は、そのウラ。
先頭中村を見逃し。
続く坂田は空振り、
前の回から3者連続三振を奪うと

東浜は6回を投げ毎回の9奪三振、
ホームランによる1点に抑え
リリーフ陣に後を託します。

すると直後の7回
デスパイネ

3試合連続となる
リーグ単独トップの33号ソロ。
だめ押しの一発が飛び出します。

終盤はホークス自慢の必勝リレー
8回は3番手・岩嵜が
両リーグトップ68試合目の登板。
優勝へのバトンをつなぎます。

そして、最後は
守護神サファテがマウンドへ。
歓喜の瞬間まで
アウトカウントあと1つ-

福岡ソフトバンクホークス
2年ぶりのリーグ制覇達成

メールはこちらから

【E-mail:24時間募集中!】
sports@fbs.jp

あなたのメールを番組でOA!
質問、疑問、応援メッセージなんでもOK!

*お預かりした個人情報は、当社の制作および放送に関する個人情報本人との連絡に利用いたします。

 


 

Now loading...