Now loading...

その他

2017年9月3日

バレーボール全日本女子 福岡出身のキャプテン  ~岩坂名奈 アジアの次は世界制覇~


先月 バレーボールアジア選手権決勝直後
歓喜に沸く選手たち

チームの中心でカップを掲げたのは
27歳のキャプテン・岩坂名奈選手

【岩坂選手】
「みんなに金メダルをかけることができて、良かったと思います。」


福岡出身の岩坂選手にとって、
人生初のキャプテンとして臨んだ大会でした。


そして 今月開幕するのが―
4年に1度開催される
「ワールドグランドチャンピオンズカップ」
通称:グラチャン
4大陸王者・開催国・推薦国の
6か国で世界一を争います。


岩坂選手は
福岡市立高宮中学校の出身

岩坂選手の当時を知る先生は―

【岩坂選手の中学生時代を知る先生】
「(中学生で)180近い身長があったと思いますね。
 バレー部の顧問の先生もいずれ全日本とかでも活躍するよと
 言っていたのを覚えています。」


今年5月に始動した新生全日本
中田久美新監督は
牽引する役割を岩坂選手に託しました。

【中田監督】
「何が何でも、日本のために戦うんだという
 その強い覚悟を彼女に感じましたので、
 彼女(岩坂)にお願いをしました。」


実は中田監督は同じ実業団チームで
岩坂選手の成長を見守ってきました。
岩坂選手を信じ
新生全日本のキャプテンを任せたんです。


そんな岩坂選手の武器―


「身長187センチ」の
高さを生かした「ブロック」
アジア選手権では
セカンドベストミドルブロッカー賞を受賞しました。

このブロックが
アジア女王への道を切り開きました。
中田新体制となっての初タイトルをかけた大一番

序盤 日本はタイを相手に大苦戦
第1・第2セットを奪われます。


しかし岩坂選手は諦めませんでした。
チームの勝利のため
自分の役割を果たし続けます。
そして遂に―


勝負所で岩坂選手のブロックが
タイの攻撃を封じました。


中田新体制の初タイトルは
大逆転で手にした
“アジア女王”の称号


試合後、涙を浮かべた中田監督と岩坂選手は
喜びを分かち合いました。


【中田監督】
「やっぱり、しつこくブロックを最後まで跳びにいっていたし、
 岩坂の最後まで諦めない気持ちというのは、ほかの選手に十分伝わったと思います。」

【岩坂選手】
「チームとしては課題もたくさんあるんですけど、
 全員が絶対に勝つという思いがあったから、結果に繋がったと思います。」


アジア制覇から帰国後―

キャプテン・岩坂名奈選手を中心に
“アジア女王”の次は
“世界女王”
グラチャン制覇を目指しています。

【岩坂選手】
「今シーズン最後の大会、グラチャンを控えているので、
 しっかりチーム一丸となって、頑張るので、福岡から応援よろしくお願いします。」




メールはこちらから

【E-mail:24時間募集中!】
sports@fbs.jp

あなたのメールを番組でOA!
質問、疑問、応援メッセージなんでもOK!

*お預かりした個人情報は、当社の制作および放送に関する個人情報本人との連絡に利用いたします。

 


 

Now loading...