Now loading...

ホークス情報

2017年3月19日

松坂投手 古巣で登板


開幕ローテーション入りを争う松坂が
きのう、古巣・西武を相手にオープン戦・3度目の登板。

初回。腕を振り上げないノーワインドアップからの投球で
先頭・田代をレフトフライ。

続く大崎は、詰まらせてセカンドフライ。

3番浅村もセカンドフライに打ち取り
わずか9球で三者凡退。
上々の立ち上がりを見せます。

2回は、4番中村を外角の変化球で空振り三振。

メヒアはタイミングをずらしピッチャーゴロ。

最後は木村から、アウトコースいっぱいに決まるストレートで
見逃し三振を奪います。

しかし、3回。先頭打者にフォアボールを許し
この試合、初めてのランナーを背負うと

続くバッターへは
フルカウントから投じたストレートが大きく外れ、ワイルドピッチ。
ノーアウト3塁1塁と、ピンチを広げます。
すると9番・永江に、ライトへ犠牲フライを許し
ノーヒットで1点を失った松坂。

さらにサード明石が、打ち取った打球をエラー。
ピンチが続きます。

それでも続くバッターを外野フライ。

浅村へはストレートで勝負。
この回、最少失点で切り抜けます。

4回は、先頭・中村を、この日最速、139キロで、内野ゴロ。
しかし、メヒアには、高めの変化球を弾き返され
初ヒットを許します。

持ちこたえたい松坂。
ここは外野フライに抑え2アウト。

ところが栗山に対し
制球を乱してフォアボールを与えると

岡田には、ファウルで粘られフルカウントに。
投じた9球目はアウトコースに大きく外れ
連続フォアボールで満塁。

すると松坂にアクシデントが
右足内転筋の張りを訴え緊急降板。

その後、2番手・加治屋が、走者一掃のタイムリーを許したために
4回途中4失点。
開幕ローテ入りが遠のく厳しい結果となりました。

試合後、右足の状態について松坂は
「1回から違和感を感じていた。自分の中では長引くものではないと思っている。」
と話しました。

メールはこちらから

【E-mail:24時間募集中!】
sports@fbs.jp

あなたのメールを番組でOA!
質問、疑問、応援メッセージなんでもOK!

*お預かりした個人情報は、当社の制作および放送に関する個人情報本人との連絡に利用いたします。

 


 

Now loading...