Now loading...

ホークス情報

2017年3月12日

ルーキー田中正義投手 ~プロで感じた喜怒哀楽~


1ヵ月にわたった宮崎キャンプ。
ドラフト1位ルーキー田中投手も
プロ初のキャンプを終えました。


【田中投手】
「全てが初めてのことだったので、勉強の連続だったと思います。」


注目ルーキーといえどもそこはプロ1年目。
キャンプからここまで様々なことを経験した田中投手に
今回、喜怒哀楽のキーワードをもとに
この1か月を表してもらいました。


~田中正義の「喜」~

【田中投手】
「去年までテレビで見ていた選手に対して投げてるというのは
 自分の中では不思議な感覚でもあり、光栄なことというか、嬉しいこと。
 中村晃さんと2回くらい対戦したんですけど、
 テレビで見ていて1番嫌だなというかすごいと思うバッターの1人だったので、
 対峙できてるというだけでもうれしいなと思いました。」


大学時代、最速156キロをマークした剛腕。
紅白戦でも152キロを計測するなど
大器の片りんを見せました。


そして、入団直後のインタビューでも-


【田中投手】
「まっすぐが自分の一番自信のあるボールであり、
 魅力の1つなのかなと思います。」


その田中投手のストレートについて
実際に体感したホークス選手たちは-


【柳田選手】
「ストレートが速いなっていう風に思いました。
 球は則本投手に似てるかなと。
 投げ始めのスピードよりもベース上の方が速く感じたので
 それが則本投手に似てるかなと思いましたね。」

【明石選手】
「低めにくるストレートは低く見えるのにストライクはいってる感じ。」

Q、誰に似てる?

【明石選手】
「平野さん、オリックスの。
 ビックリしました角度が。
 低いなと思って見逃がしてもストライクだから。」


WBCを戦う侍ジャパンの2人に劣らぬストレートと太鼓判を押され
田中投手にとっては嬉しい評価となりました。



~田中正義の「怒」~

【田中投手】
「自分に対しての不満は常にあります。
 ピッチャーって自分でボールをコントロールできるので、
 そこで自分が思った通りにいかないとなかなか不満な部分はあります。」


2度目の登板となった紅白戦。
田中投手は2回を投げ球数は41球。
しかし、その内、5割を超える21球がボールとなり
制球面で課題を残す結果に。


それでもキャンプ中に、
工藤監督からアドバイスをもらい
フォームの修正にも取り組んできました。


【田中投手】
「感覚的な話になるんですけど、横の時間を長くして
 左足をついたときにもうひと踏ん張りできるようにと。
 それは自分の中にすっと入ってきていま意識してる感じです。」


工藤監督から
「横の時間を長く」という表現で言われた
下半身の使い方。
投球時に下半身の粘りが足りないと感じていた
自らの考えと重なり手応えも掴みつつあります。


【田中投手】
「とにかくこの厳しい世界でどうやったら活躍できるのかというのを
 今模索してるというか、日々勉強です。」



~田中正義の「哀」~

【田中投手】
「プロの1軍でやっていくためには足りないことがすごく多いと日々感じていて、
 その時はやっぱりしんどいというか、
 そこを乗り越えないとダメなんだなと一瞬哀しくなるんですけど-」


キャンプでは内野手との連係プレーで
送球や打球を逸らすミスを連発。
バント処理ではお手玉する場面も。


さらにキャンプ終盤は疲労の蓄積から
ノースロー調整を余儀なくされた田中投手。
そんな注目ルーキーに工藤監督も期待を込め
プロとしての成長を促しました。


【工藤監督】
「なかなかプロの世界で1年間戦うというのは体力もいりますし
 精神的にも強くなきゃいけない。
 そういう意味では自分が足りないと思うところは
 少しずつ積み上げていってくれればいい。」


~田中正義の「楽」~

【田中投手】
「思い通りに打ち取る場面は少ないんですけど、
 それができたときが一番ピッチャーとしてうれしいので、
 一杯それを経験できるように頑張りたいなと思います。」



3月に入りチームもいよいよ実戦モード。
開幕1軍へ向け投手、野手ともに
し烈なサバイバルレースが始まっています。


田中投手は2月23日を最後に行っていなかった
ピッチング練習も先週から再開。
来たるべき登板へ向け調整を続ける毎日。


シーズン開幕まで3週間。
期待のドラフト1位ルーキーが
プロの壁を乗り越え
開幕1軍を目指します。


【田中投手】
「周りの選手が気にならないといったら嘘になりますけど、
 とにかく自分がベストなパフォーマンスを出せるように
 まずは1軍に上がって
 1勝するというのを目標にしていきたいなと思います。」

メールはこちらから

【E-mail:24時間募集中!】
sports@fbs.jp

あなたのメールを番組でOA!
質問、疑問、応援メッセージなんでもOK!

*お預かりした個人情報は、当社の制作および放送に関する個人情報本人との連絡に利用いたします。

 


 

Now loading...