Now loading...

ギラヴァンツ情報

2016年11月13日

第41節 vs 水戸ホーリーホック



チームの思い・・・
そして、サポーターの思いは・・・
愛着あるピッチに勝利を贈ること―


今シーズンが本城・ラストイヤー
そして、ホーム最終戦の相手は13位の水戸。


ギラヴァンツは前半24分、
ボールを受けた本山が反転してのスルーパス!
小松のシュートは惜しくもキーパー正面!


スコアレスで折り返した後半8分にも、
本山からゴール前へ!
井上のシュートはバーの上。
本山選手が攻撃の起点となり
水戸ゴールに襲いかかります。



1点が欲しいギラヴァンツ。
しかし後半17分、
水戸のパスカットから一度はしのぎますが
ロメロフランクに拾われ、先制を許すと-


その2分後、コーナーキックから
またもこぼれ球を押し込まれ
リードを広げられます。


27分、ギラヴァンツは、
FWロドリゴを投入。


さらに37分、池元を投入。
FW4人の超攻撃的布陣でゴールを狙います。


すると試合終了間際—
クロスからのボールを小松が頭で落とし
ロドリゴ!

( ゴール )

左足で流し込み1点差!



さらに後半アディショナルタイム。
ゴール前の混戦から
最後は池元が右足一閃!

( ゴール )

地元北九州出身・池元のゴールで
2対2の同点。


柱谷監督の采配が的中し
土壇場でもぎ取った勝点1。


一進一退のJ2残留争いは
シーズン最終戦へ持ち込まれました。



そして、試合後のレセモニーでは
7年間慣れ親しんだ
ホームグラウンド本城に
サポーターとともに別れを告げました。


【本山選手】
「チームのあきらめない気持ちを見せられたと思う
 次につながったので最終戦の山形に勝って帰ってきたい。」

メールはこちらから

【E-mail:24時間募集中!】
sports@fbs.jp

あなたのメールを番組でOA!
質問、疑問、応援メッセージなんでもOK!

*お預かりした個人情報は、当社の制作および放送に関する個人情報本人との連絡に利用いたします。

 


 

Now loading...