東京都心で初雪 あすにかけ冷え込み強まる

この記事をシェア

  • LINE
東京2019.01.12 17:30

12日の東京都心は、南の海上の低気圧の影響で雪が降り、気象庁は東京都心で初雪を観測したと発表した。

東京都心は、低気圧の影響で12日午前中、この冬初めて弱い雪が降った。このため、気象庁は午前、東京都心で初雪を観測したと発表した。東京都心の初雪は、平年より9日、昨年より12日遅い観測。

このあと13日明け方にかけては、関東地方の南部や山梨県を中心に雪や雨が降りそうだ。13日朝までに予想される降雪量は、神奈川県西部の山地と甲信地方で5センチ、多摩地方や秩父地方、関東北部の山沿いで3センチ、関東の平野部で1センチとなっている。

山地を中心に雪の積もる所があり、関東地方の沿岸部でも予想より雪が強まり気温が低くなった場合はうっすらと雪が積もるおそれがある。また、13日朝にかけては冷え込みが強まって路面が凍結するおそれもあり、交通障害に注意が必要。