発注装い詐取か 元社員ら2人逮捕

この記事をシェア

  • LINE
東京2018.11.09 18:57

企業の制服の製造などを手がける会社から、発注を装って約750万円をだまし取ったとして、仕入れ担当の社員だった男ら2人が逮捕された。

詐欺の疑いで逮捕されたのは、東京・千代田区の制服の製造・販売会社、「東京ユニフォーム」の元仕入れ担当、川田秀文容疑者と、アパレル向けプリント会社の社長、土居通和容疑者。

警視庁によると、川田容疑者は2015年、数回にわたり、土居容疑者の会社に制服のプリントを発注したように装い、東京ユニフォームから約750万円をだまし取った疑いが持たれている。

2人は調べに対し、容疑を認めていて、川田容疑者は、「給料が下がってしまい、自由になる金が欲しかった」と供述しているという。

警視庁は、2人が同様の手口で、計約3000万円をだまし取っていたとみて調べている。