全日空“二日酔い”機長を諭旨退職処分

この記事をシェア

  • LINE
東京2018.11.09 18:28

二日酔いで乗務できなかった機長が、諭旨退職処分となった。

10月に、全日空のグループ会社の、40代の男性機長が、二日酔いが原因の体調不良で乗務できず、沖縄県内を結ぶ5便が遅れた問題を受け、全日空は11月6日付で、機長を諭旨退職処分にした。

社内ルールで、乗務の12時間前以降の飲酒は禁止されているが、機長はその時間を超えて飲酒していたという。