ガリットチュウ福島、息子の一言に苦笑い

この記事をシェア

  • LINE
東京2018.11.09 17:19

お笑いコンビ「ガリットチュウ」の福島善成(41)が8日、初の書籍「哀愁」(ヨシモトブックス)の発売記念イベントを都内で開催した。

芸能人モノマネでブレークした福島が船越英一郎、ダレノガレ明美のほか、女子中学生、教師など総勢140人以上の登場人物を一人で演じきったアートブック。

念願の書籍発売に、福島は「15年前からネタを1個1個積み重ねたら本になりまして、小さな積み重ねって、ホントに大事だなって思いながら、かみしめて見ていただければ。そして疲れた女性・男性はこれを見てクスッと笑ってもらえたら、めっちゃうれしいです」と話した。

お気に入りの写真は、全裸でバスタブにつかっている裏表紙のカット。自宅での撮影中に予想外の出来事も起きたそうで「息子が帰ってきて、『パパ、変態』って言われました…」と苦笑いした。

目標部数を聞かれると「出すからには、ヒットを狙っています。常に“ホームラン”を目指して、とんでもない飛距離を目指しています」と答えた。