歌舞伎町「人間レストラン」の人間模様

この記事をシェア

  • LINE
東京2018.11.09 16:22

日本一の繁華街、新宿・歌舞伎町にある人気スポット「ロボットレストラン」の向かいに「人間レストラン」というお店がある。お店には様々な人間模様があった。

雑居ビルを上り、途中、風俗店を通り過ぎた4階に店がある。正直、初来店の客は入りづらい。一見怪しげだが、ちゃんとしたレストランだ。新宿・歌舞伎町の中心で温かい手料理を食べられる。20種類近いメニューがあり、店員それぞれの得意裏メニューもある。

世の中がロボット化される中、料理はもちろん「人間のための心地良い空間」を作ることが、この店のコンセプトだ。そのため店には人間メニューなるものもある。店員の血液型から恋愛歴、過去の病気の有無まで書かれている。これがあるので初来店の客も気軽に話題を共有できる。

「ロボットレストラン」という歌舞伎町の観光スポット向かいに今年7月にオープンした。ロボットレストランのネオンも照明代わりだ。

深夜1時半、1人の女性が来店した。

女性「ここ目的で来てますもん。普段の生活で食べるようなメニューが多かったんで、名前の通り人間の営みだなって」

女性はこの日、ホストとの待ち合わせでここを利用していた。

女性「新人なので応援できたらなって」

2人で夜食のお茶漬けを食べる。

女性「ホストさん、将来やりたいことがあって結構チャラチャラしてるイメージするんですけど、割としっかりしてるんだなって」

人間レストラン・古川奈苗店長「歌舞伎町の人って、着飾ってたりとか武装してたりするわけじゃないですか。例えばキャバクラとかで働かれている人がほどけた瞬間ってすごくわかるんですよ。そういうのを脱ぐ場所にしたい」

【the SOCIAL viewより】