元秘書ら選挙運動で知り合ったか 京都強盗

この記事をシェア

  • LINE
京都2018.11.09 11:56

8年前、元国会議員の公設秘書だった男ら2人が、京都市の民家から1億円を奪ったとして逮捕された事件で、秘書の男と共謀したとされる女は、選挙運動を通じて知り合ったとみられることがわかった。

二之湯智参議院議員の元公設秘書・上倉崇敬容疑者と無職・西谷真弓容疑者は8年前、京都市の不動産会社社長の自宅に刃物を持って押し入り、金庫から現金1億円を奪うなどした疑いで逮捕された。

2人は容疑を否認しているということだが、捜査関係者への取材で、2人が選挙運動を通じて知り合ったとみられることがわかった。警察は、西谷容疑者が仕事上のつながりがあった社長の自宅に多額の現金があることを知り、2人で犯行に及んだとみて捜査している。

また、上倉容疑者は事件直後に高級外車フェラーリを購入していて、警察は、金の使い道についても調べている。