気になる福岡の情報満載!FBS Journal

2020.11.30放送のまとめ

龍(玉木宏)の住む町にやってきたスイーツギャング!因縁の結末は? 【極主夫道】第八話レポート

最近思うんです、「もはや玉木宏さんのシリアスな演技が思い出せない!」と…元極道でスーパー主夫の龍(玉木宏)が繰り広げるハイパーコメディ!龍が所属していた天雀会の姐さん・雲雀(稲森いずみ)や龍が住む火竜町の婦人会会長(MEGUMI)など、立ちすぎたキャラで毎週楽しませてくれる「極主夫道」に、婦人会を束ねる八竜会会長でアノ人が登場しました!さて、さっそくおさらいという名のカチコミに参りやしょう!


龍の住む火竜町に、スイーツギャングがカチコミ!
龍や妻・美久(川口春奈)の住む火竜町に、話題のスイーツカフェ「ちぇりーぱみゅぱみゅ」がやってきた!商店街のお店は見事にお客をかっさらわれ、町の人たちは不安に襲われます。龍の舎弟・雅(志尊淳)が想いを寄せる大前ゆかり(玉城ティナ)が働く喫茶店も客足がさっぱり遠のき大ピンチ!一度はこの喫茶店をスイーツに全振りしてみるも、龍のキャラが濃すぎて若い女子が逃げていく始末。


龍が和カフェのオーナーに!?
そんな事態を見るに見かねた火竜町婦人会の田中会長(MEGUMI)は、婦人会を束ねる八竜会に話を持ち掛け、龍に店を持たせることに。この八竜会のボスが甘味王・福田(石田ひかり)。掃除屋、花師、大地主、トレジャーハンターら八竜会のメンバーの腕で一夜にして空き地に和カフェ「素手喧嘩(ステゴロ)」が建ち、元和菓子屋の福田のあんこが龍に伝授されます。


ちぇりーぱふぇぱふぇのオーナー・リサを取り巻く因縁とは…?
龍の頑張りを手伝うべく、敵の本拠地・ちぇりーぱふぇぱふぇに赴いた美久。オーナーのリサ(馬場ふみか)は真剣にスイーツの研究を繰り返し、悲願の火竜町への出店を果たしたのでした。
しかし、そんな彼女の写真を見た天雀会会長(竹中直人)は何か思うことがある様子…来ましたよ、今週も盛大な「勘違い」のフラグが!妻の雲雀は会長の持ち物の中に幼い女児との写真を見つけ、「会長の隠し子では?」と、雅と二人で大騒ぎ!一方、自分を捨てた親に仇打ちをしたいとリサが考えていることを知り、美久は一抹の不安を感じながらも、ちぇりーぱふぇぱふぇの世界観に引き込まれ、かわいいカフェの制服まで着てしまう始末。夫婦で対決?またも抗争の予感!!!???


和カフェ「素手喧嘩(ステゴロ)」に虎とゆかりが助っ人参戦!
龍のピンチを聞きつけ、一時休戦で剛拳の虎(滝藤賢一)が助っ人に(虎のクレープ屋台もちぇりーぱふぇぱふぇのあおりを受けてさっぱり「商売あがったり」だったのです)。そして喫茶店のオーナーが旅に出てしまったため、ゆかりが店員として加わり、一気に繁盛します。
しかしリサの思惑が町全体の危機につながると感じた龍は、丸腰でちぇりーぱふぇぱふぇに出向き、彼女の作るパフェから「ある人」とのつながりに気づきます。


今回も、無残に散った、勘違い
お互いのスイーツの味で勝負しようと持ち掛けた龍。審判は福田。対決中にMEGUMI会長が繰り出す「出たよ龍さんの得意技!白い粉ぁぁぁぁ!」。極道用語スレスレのセリフでついつい笑わせてくれるこのテンション最高!
思うところのあった龍の予想通り、リサの母親は福田だったことが対決を通して明らかになります。一方、勘違いチームの雅と雲雀は、竹中会長をリサの目の前にしょっぴいて親であることを告げさせようとしますが…実は親子でもなんでもなく、町ですれ違ったときにリサのフラペチーノを落としてしまったというクダラナイ因縁でした。…もう、安定しておりますね、勘違いチームのうっかり具合(笑)。


龍の信念が新たな動きを生む!どうなる次週!?
リサの作ったパフェから母親が福田であると気づいた龍の味覚、その根幹にある主夫としての心構え。その姿勢は、八竜会のラスボス・福田にも、娘であるリサにも伝わった様子。
福田は龍を八竜会に加入させようと動き出します。
さて、来週は龍にどんな事件が起きるのか!?福田直伝の苺大福(公式ホームページにレシピが載っているのでぜひチェックを!)を食べながら待つとしましょうか!
イラスト鎌田かまを

この記事を書いた人

FBSジゃーナルライター Monkey Child Products
エンタメ周辺の記事をよく書いています。ドラマはエンディングのプロデューサー名から衣装協力まですみずみしみじみチェックする派です。

SNSでシェアする

人気タグから記事を探す

放送のまとめ関連記事