気になる福岡の情報満載!FBS Journal

2020.11.02放送のまとめ

★主夫存続の危機!?★ 龍をめぐる三つ巴決戦の最中、龍が事故に!?【極主夫道】第四話レポート

あっという間に11月になってしまいました。今年も残すところあと2か月。早いものですね、そして「極主夫道」もあっという間に第四話!いよいよ佳境に入って参りました!こんなに次週まで待てない回もないのではないかと思うほど、白熱のストーリーとなりました、いざ、出陣!


妙に色気づいた雅にハッピーエンドは訪れるのか!?
今週も女子力高めな龍(玉木宏)の華麗な主夫テクニックからスタート。なんだかんだとアニキ離れできない雅(志尊淳)は、よく通う喫茶店の店員・大前ゆかり(玉城ティナ)との恋愛成就を夢見てあれやこれやと画策します。そのどれもが笑えるほど失敗に終わるのですが、すこーしだけ成長したのか、龍と美久(川口春奈)のなれそめ、龍が所属していた天雀会の会長(竹中直人)と妻・雲雀(稲森いずみ)の出逢いが気になる様子。


美久の両親がまさかの二人!父の言葉にできない愛情も微笑ましい!
そんなある日、美久の両親が遊びにやってきます。なんと母がYOU、父が正名僕蔵という異色すぎるコンビですが、父は父なりの愛情で龍を気に入っている様子。そして元極道ながらも、「こんないい旦那いないわよぉ~」と母も大絶賛の龍に、美久も「出逢えてよかった」と心の中で感じていた…そんな矢先に事件が起こります。


美久の仕事に影を落とす存在=龍!?そして事態は三つ巴戦に…!!!
得意技はラリアット、主婦力は壊滅的という美久の職業が、実はデザイナーであることが発覚(意外すぎ!!)。しかも超オシャレオフィス!そんな場所で毎日龍が作ってくれた「極道飯=お弁当」を食べている美久に、転機が訪れます。彼女のデザインが大きな仕事で採用されることになったのです。しかし喜びもつかの間、美久の夫・龍が元極道であることを快く思っていない上司から、「よりによってなんで君の案が採用されたんだ…」と小言を言われてしまいます。
まぁ確かに、プレゼン当日に大事な図面を忘れてきた美久を気遣った龍の行動も、結果的には警察、天雀会、地元最大勢力である大城山組を巻き込んで大きな誤解を生んでしまうほど、「不死身の龍」と呼ばれていた彼の過去は凄まじいわけで、クライアントに知られたら大事な仕事を落としかねないという上司の気持ちもわかりますが、ちょっと言いすぎだよね…。

その一件を引きずっていた美久は、帰宅直後に龍と衝突。「でもそれってママが身勝手だと思う」と娘の向日葵(白鳥玉季)までもが龍の味方をしてしまい、美久は家を出てしまいます。
龍と美久の様子がおかしいと気づいた周囲は、それぞれに勝手な解釈と妄想を繰り広げ、
●「龍が離婚したら天雀会に、つまりは極道の世界に引き戻せる!」と目論む会長
●「龍さんはこの町になくてはならない存在なの!」と離婚阻止を企む婦人会会長(MEGUMI)
●若手が余計なことをして龍にけがをさせたことを知り、報復を恐れるあまり逆にカチコミを決心する大城山組

の三つ巴戦へと発展…このドラマっておっちょこちょいばっかり…。


龍が事故に!?次週どうなる??
美久と気まずいながらも、料理教室でさらに腕を磨いた龍は、美久にからあげ弁当を差し入れにオフィスへ。ケンカ中にも関わらず、美味しいものを食べさせてあげたいと思ったら即座に行動する龍のやさしさとまっすぐさに観ていてほだされそうになるのですが、外出中だった美久に代わり、お弁当を預かった上司が余計なことを龍に伝えてしまうのです。
「自分の存在が、美久の仕事に悪影響を及ぼしそうだ…」
その事実にショックを受けながら、徒歩で帰宅する龍。ぼんやりしていたのでしょう、横断歩道を渡る際に…

えええええ!!!!!龍が車に轢かれた!!!!!

毎回最後には笑って着地していたこのドラマに、笑えない&次週が気になって仕方のないエピソードが訪れようとは…心配ですが、来週の日曜22時半まで、龍の無事を祈って学業にシノギにと頑張りましょう!続きはまた次週!龍!死なんで!!!!!!
イラスト鎌田かまを

この記事を書いた人

FBSジゃーナルライター Monkey Child Products
エンタメ周辺の記事をよく書いています。ドラマはエンディングのプロデューサー名から衣装協力まですみずみしみじみチェックする派です。

SNSでシェアする

人気タグから記事を探す

放送のまとめ関連記事