Loading...

番組審議会だより

第464回(平成22年12月15日)

  • NNNドキュメント’10「そばにいるのは誰ですか?~虐待を防ぐ二つの記憶~」(FBS制作・全国ネット)・平成22年11月28日(日)深夜放送
  • 平成22年12月度の第464回番組審議会は12月15日(水)開催され、9名の委員(敬称略)野澤秀樹、佐々木喜美代、江下明彦、遠藤勝恵、楢崎憲二、山川正翁、和田利果子、木下比奈子、藤井一郎の各氏、及び放送局側より原 章代表取締役社長以下11名が出席。平成22年11月28日(日)深夜放送のNNNドキュメント’10「そばにいるのは誰ですか?~虐待を防ぐ二つの記憶~」(FBS制作・全国ネット)について審議しました。

【議事の概要】

NNNドキュメントは1970年にスタートした報道ドキュメンタリー番組で、日本テレビ系列の全国30社が取材・制作し、放送しています。今回の番組は、10月24日に「目撃者f」で放送されたものに追加取材をして全国ネットで放送されました。
番組は、一向に無くならない子どもたちへの虐待を防ぐための方策として、赤ちゃんとの肌の触れ合いを通して「愛された記憶」の重要性を問いかける医師と、お産の場面を通じて「命の誕生」「生きていることの素晴らしさ」を訴える助産師の活動を紹介しました。
委員からは、タイトルで問題提起がなされたが解決策が示されていない、タイトルはもっと分かりやすく簡単にした方が良かったという意見も出されました。番組そのものは力作であり、真面目で良心的と評価されました。虐待というテーマは30分の放送時間では伝えきれない重いものでもあり、虐待だけをもっと掘り下げて一つの番組を制作して欲しいという要望も出されました。

Loading...