Loading...

番組審議会だより

第463回(平成22年11月17日)

  • 「めんたいワイド 第1部、第5部」(FBS制作)・平成22年11月2日(火)放送
  • 平成22年11月度の第463回番組審議会は11月17日(水)開催され、8名の委員(敬称略)佐々木喜美代、江下明彦、遠藤勝恵、楢崎憲二、山川正翁、和田利果子、木下比奈子、藤井一郎の各氏、及び放送局側より原 章代表取締役社長以下12名が出席。平成22年11月2日(火)放送の「めんたいワイド 第1部、第5部」(FBS制作)について審議しました。

【議事の概要】

地域の情報・話題をお伝えするローカルワイド番組「めんたいワイド」は平成7年10月2日にスタートしました。16年目を機に、番組の手直しと内容強化を図りました。
第1部では、地域の情報等を紹介。各コーナーはテンポが良く、どちらかと言うと女性向けの情報ですが、沢山の情報が見られて良かったという意見が多く、山本華世の「しゃれとんしゃあ!!」では、ほとんどの委員が、飾り気がなく自然な感じで、親しみやすく楽しく見られたと感想を述べました。
第5部のニュースは、ベテラン3人のキャスターは安定感と信頼感があり、ニュースをきちんとお伝えするという意味では申し分ないものの、反面、ハプニング性に欠けていて、改善の余地があると指摘されました。「記者の目」のコーナーでは、図書館の本が、破損などで年間1,000万円に及ぶ損害を受けていることなどの問題を、取材した記者が自らの言葉で伝え、良くまとまっていて分かりやすいと好評でした。
委員からは、16年目を迎え、地域に浸透しているからこそ視聴者の期待も大きく、今後も冒険心を忘れず番組作りに励んでほしいと要望されました。

Loading...