Loading...

番組審議会だより

第459回(平成22年6月16日)

  • NNNドキュメント'10「心の音色を伝えたい 難聴のダンサーから子どもたちへ」(FBS制作)・平成22年6月6日(日)深夜放送
  • 平成22年6月度の第459回番組審議会は6月16日(水)開催され、7名の委員(敬称略)野澤秀樹、佐々木喜美代、江下明彦、遠藤勝恵、和田利果子、木下比奈子、藤井一郎の各氏、及び放送局側より原 章代表取締役社長以下11名が出席。平成22年6月6日(日)深夜放送のNNNドキュメント'10「心の音色を伝えたい 難聴のダンサーから子どもたちへ」(FBS制作)について審議しました。

【議事の概要】

生まれながら聴覚に障害を持つ西畑絵里さん。そんな絵里さんが子どもたちと、小学生ダンサー日本一を決める全国大会に挑んだ日々。この作品は、FBSが12年前から取材を続けて来たものを30分のドキュメンタリー番組としてつづったものです。
素材のすばらしさに加え、絵里さんの現在と幼少時代、ひとりの女性の部分と子どもたちとの全国大会への道とがバランスよく構成されており、彼女の発する言葉、熱い眼差し、身体で表現するものを余すことなく映像とナレーションで表現しています。
ダンスが教えてくれたものは、仲間の温かさと夢や目標をあきらめないこと。絵里さんの言葉、お母さんの言葉、松尾先生の言葉それぞれが視聴者に印象的に響き、心を奮い立たせ、勇気と感動を与えてくれるものでした。委員一同、言葉が持つ本来の意味を深く考えさせられた秀作でした。

Loading...