Loading...

番組審議会だより

第438回(平成20年7月16日)

  • 平成20年7月度の第438回番組審議会は7月16日(水)開催され、9名の委員(敬称略)野澤秀樹、佐々木喜美代、江下明彦、松永摂子、遠藤勝恵、小野丈夫、楢崎憲二、山川正翁、和田利果子の各氏、及び放送局側より原 章代表取締役社長以下11名が出席。
    平成20年5月16日(金)放送のプロ野球ナイター二元中継「ソフトバンク×日本ハム、巨人×広島」、及び6月29日(日)放送のプロ野球デーゲーム中継「ソフトバンク×楽天」(共にFBS制作)について審議しました。

【議事の概要】

地域密着をうたっているFBSは、日本テレビ系列であるという特性を生かし、地元球団ホークスとジャイアンツの二元中継に積極的に取り組んでいます。これは、他局との差別化を図るためにも挑戦している放送形態です。
委員からは、二元中継は中途半端になりはしないか?二元中継というからには、時間配分は同等であるべきではないか?いい場面でゲームが切り替わることはどちらにしても中途半端であり、相当な工夫が必要とされるのではないか?等々の意見が出されました。
制作側からは、時間配分も含め、乗り換えのタイミングやコメント等々工夫をして、全体として視聴者の皆さんの欲求不満が軽減できるようなスタイルを研究していきたいと、今後の取り組みが表明されました。

Loading...