Loading...

番組審議会だより

第435回(平成20年4月16日)

  • 平成20年4月度の第435回番組審議会は4月16日(水)開催され、7名の委員(敬称略)野澤秀樹、佐々木喜美代、江下明彦、遠藤勝恵、小野丈夫、楢崎憲二、山川正翁の各氏、及び放送局側より原 章代表取締役社長以下10名が出席。 平成20年3月29日(土)放送の「FBS大感謝祭!4時間30分全力生放送」(FBS制作)について審議しました。

【議事の概要】

FBS大感謝祭!4時間30分の生放送番組は、人気番組「めんたいワイド」と「ナイトシャッフル」を中心に、FBSの総力を結集し、全番組が一体となって視聴者の皆さんと「元気」を共有しようというコンセプトで制作されました。
各委員からは、(1)安定感があり、長時間にもかかわらず視聴者を飽きさせない工夫がある一方、今後、新しい試みが必要ではないか。(2)キャスティングについては、日本テレビの羽鳥さんは新鮮だったが、もっとFBS色を前面に出した出演者構成でよかったのではないか。(3)ラーメン総選挙・ダントツ選手権ともに2本柱として定着しているが、投票結果の開示や審査基準を目に見える形で提示して欲しい。(4)若年性認知症のドキュメントは感動的だったが、番組全体の流れからは唐突感があった。(5)スタジオ内の仲間内の盛り上がりが、視聴者をないがしろにした感があった、等々賛否両論の意見が出されました。
制作者側からは、「元気」という抽象的で表現の難しいテーマだけに、心の底から活力の湧く、新しい企画を練っていきたいとの展望が述べられました。

Loading...