Loading...

番組審議会だより

第433回(平成20年2月20日)

  • 平成20年2月度の第433回番組審議会は2月20日(水)開催され、8名の委員(敬称略)野澤秀樹、今村昭夫、佐々木喜美代、江下明彦、宮崎恵子、松永摂子、小野丈夫、楢崎憲二の各氏、及び放送局側より原 章代表取締役社長以下8名が出席。 平成20年1月19日(土)放送の「アッコ・マチャミの言いたい放題!食べ放題!有名芸能人の秘伝レシピいただき大作戦」(FBS制作)について審議しました。

【議事の概要】

この番組は、2000年10月から4年半に亘り、FBSが制作し全国ネットで放送した「アッコ・マチャミの新型テレビ」の流れを汲む、単発第4弾として放送されました。和田アキ子さんのお店案内から始まり、芸能人のお宅を拝見し、自慢料理を披露して頂くという盛りだくさんの内容で、和田さんと久本雅美さんの炸裂トークが楽しい、娯楽色の強いトークバラエティーでした。土曜日午後の時間帯では、高視聴率を獲得できた番組です。 委員からは、(1)芸能人のインテリアや本業以外の才能を垣間見ることが出来た(2)料理レシピにこだわって欲しかった(3)アッコの店『わだ家』のCM的なところが気になった(4)テーマやストーリーにもう一工夫欲しかった(5)バラエティー番組であっても、品位を大切にして欲しい(6)福岡で制作した意図が見られない、等々の意見が出されました。 制作側からは、全国ネットで放送する際の放送枠確保の難しさや、キャスティングの難しさ等が説明されました。全国ネットの大型番組であっても、視聴率だけにとらわれないスポンサーを開拓し、FBSらしい社会性の高い番組作りが、今後の課題として掲げられました。

Loading...