Loading...

番組審議会だより

第430回 (平成19年 11月 21日)

  • 平成19年11月度の第430回番組審議会は11月21日(水)開催され、 8名の委員(敬称略)野澤秀樹、今村昭夫、江下明彦、宮崎恵子、松永摂子、 遠藤勝恵、小野丈夫、楢崎憲二の各氏、及び放送局側より原 章代表取締役社長以下9名が出席。
    「秘密のケンミンSHOW」(平成19年11月8日(木)放送分、YTV制作)について審議しました。

【議事の概要】

この10月の番組編成に伴い、1時間の新番組として登場した「秘密のケンミンSHOW」は、面白いの一言に尽きる番組だと言えるでしょう。地方の時代と言われて久しいこの時代を背景に、故郷への誇りや懐かしさのようなものを彷彿させる番組なのかもしれません。委員一同に、長寿番組であって欲しいという要望がありました。カミングアウトというタイトル通り、前向きにポジティブに県民意識を向上させる番組の意図が、地方の言葉や習慣、行事、食べ物、感情といった個性を力強く主張し、笑いと共に知的な部分を持ち合わせたバラエティー番組として高い評価を得ました。
問題点としては、県単位では共有できない地方や地域という、まったく文化圏の異なる境界線が出てくるであろうことです。そういった地方性をはっきりさせることが今後の課題と言えそうです。また、情報量が溢れるあまり全体的に薄くなりがちなそれぞれのコーナーを、「どうして?」と分析し、深めるという事が必須と言えるでしょう。スタジオセットの問題や、美人ママのコーナー、ドラマ仕立ての演出等には個人的な好みもあり、様々な意見が出されましたが、とにもかくにも、時間を忘れるほど楽しい、満足度の高い番組でした。

Loading...