Loading...

番組審議会だより

第408回 (平成17年11月16日)

  • 11月度の第408回番組審議会は、11月16日(水)開催され、6名の委員(敬称略)原田溥、今村昭夫、佐々木喜美代、江下明彦、宮崎恵子、松永摂子の各氏及び放送局側より原 章代表取締役社長以下11名が出席。
    10月31日(月)放送の目撃者f「平成・佐賀の乱〜揺れる保守王国〜」(FBS制作)について審議しました。

【議事の概要】

郵政民営化法案に反対した、自民党非公認の保利衆議院議員と党公認の広津衆議院議員、それぞれの立場や2人を取り巻く自民党佐賀県支部連合会や自治体、地方議員の心情や揺れ動く様が良く描かれた番組だったと思います。党公認の強み、また無所属になった時の大変さなど、改めて、国と地方の厳しい関係も浮き彫りにされたと思います。広津氏のコメントは、随所に使われておりましたが、保利氏のコメントがもう少し聞きたかったと思います。30分という短い時間でよく構成されていたと思いますが、その後の2人がどうなるのか、追跡取材もお願いしたいと思います。この様な良質の番組は、たくさんの人に見て欲しいので、放送時間帯を考えて欲しいと思います。

Loading...