Loading...

番組審議会だより

第406回 (平成17年9月28日)

  • 9月度の第406回番組審議会は、9月28日(水)開催され、6名の委員(敬称略)原田溥、今村昭夫、佐々木喜美代、江下明彦、宮崎恵子、菊池卓雄の各氏及び放送局側より原 章代表取締役社長以下11名が出席。
    8月28日(日)放送の24時間テレビ「愛は地球を救う in FUKUOKA」(FBS制作)について審議しました。

【議事の概要】

恒例の24時間テレビを見ますと、「また、この季節がやってきた」という感じです。今年のテーマは、「生きる」という事でしたが、福岡の放送分にも、福岡県西方沖地震で被害を受けた人達が、元気に今を生きている様子やメッセージ、障害を持ち「ミスターハンディ」と自称する若者が、マジックを通して力強く生きている様子など、とてもテーマに即して良かったと思います。しかしフードバトルはお祭りさわぎのようで、関心を高めて人を集める目的だとは思いますが、果して24時間テレビに相応しい企画なのか疑問が残ります。
この24時間テレビは、視聴者の皆さんが色々なことにチヤレンジして、頑張っている様子が画面から伝わって来て、感動を与える良い番組だと思います。今年は世界的にも自然災害や事件、事故が多かった年だと思います。この募金が有意義に役立つものとして使われる事を願っています。

Loading...