Loading...

番組審議会だより

第398回(平成16年12月22日)

  • 12月度の第398回番組審議会は、12月22日(水)開催され、7名の委員(敬称略) 原田溥、井上安正、佐々木喜美代、江下明彦、宮崎恵子、松永摂子、荒牧智之の各氏及び放送局側より松村準平代表取締役社長以下12名が出席。
    「NNNドキュメント'04 つながらない命 臓器移植法 8年目の現実」 (福岡放送制作) について審議しました。

【議事の概要】

推賞に値する番組だったと考えます。臓器移植という難しい分野に取り組まれ、何かと大変だったと思いますが、臓器移植の現状と難しさが、浮き彫りにされていました。臓器移植法施行から 7年、脳死からの臓器提供は、昨年末までで、わずか26例に留まっています。脳死による臓器移植が増えない現実として、番組では、日本人の単に死生観だけでは片づけられない問題、「臓器移植法を巡る制度」「移植を受け入れる医療現場」そして「国民の臓器移植への関心」の3つ壁を取り上げていました。壁を取り除くには、まだまだ時間がかかります。臓器移植は、これからも丹念に取材し、報道して行くべきテーマだと考えます。それにしても、タイトルの「つながらない命」は、臓器移植の根源的な問題を象徴していました。このような良質の番組は、深夜ではなく是非多くの人が見ることのできる時間帯で放送して欲しいと思います。

Loading...