Loading...

番組審議会だより

第395回(平成16年9月22日)

  • 9月度の第395回番組審議会は、9月22日(水)開催され、8名の委員(敬称略)今村昭夫、田口正公、井上安正、佐々木喜美代、江下明彦、宮崎恵子、松永摂子、荒牧智之の各氏及び放送局側より松村準平代表取締役社長以下11名が出席。
    「発見!感動!カリブ海!巨鯨伝説と幻のモンゴロイドを追え!」について審議しました。

【議事の概要】

FBS開局 35周年記念番組に相応しく、スケールの大きい番組だったと思います。取材の過酷さがリポーターの船越栄一郎さんや田中律子さんの様子からも伺えました。あまり知られていない西インド諸島の島々の生活なども取材されていて、とても興味が沸きました。伝統的な捕鯨漁は、大変珍しく、生きるための真剣な捕鯨方法に、心打たれるものがありました。ただ、タイトルから想像する神秘的で壮大な歴史を感じ取るには、説明不足の点が多々あったと思います。もう少しりポーターの2人に勉強して頂き、突っ込んだ質問などがあれば、もっと良かったと思います。最後の感想も、単純でありきたりな旅番組の締めに終わっていたように感じます。記念番組なので、もう少し、心に訴えるような感動が欲しかったと思います。しかしながら、大変な取材で、映像は鬼気迫るものもありました。結局、今回の取材中、鯨は取れませんでしたので、是非続編を見たいという気がします。

Loading...