Loading...

番組審議会だより

第393回(平成16年6月23日)

  • 6月度の第393回番組審議会は、6月23日(水)開催され、7名の委員(敬称略)原田溥、井上安正、牛島健五、佐々木喜美代、江下明彦、宮崎恵子、松永摂子の各氏及び放送局側より松村準平代表取締役社長以下11名が出席。
    「NNNドキュメント ' 04 妻が見た戦場特派員 」について審議しました。

【議事の概要】

イラクで殺害されたフリ−のジャ−ナリスト、橋田信介さんの妻、幸子さんから見た戦場特派員の夫の様子がよく描かれていたと思います。「覚悟は出来ていた」と気丈に振舞う幸子さんの姿は、痛々しいと同時にその気丈さに頭が下がる思いでした。ニュースでは報道されなかった、妻の実家でくつろぐ橋田さんの様子や旅行に出かけた時の橋田さんの笑顔など、プライベートで心安らぐ日々の映像は、戦場特派員として壮絶な死を遂げた橋田さんの違った面を見ることが出来て、ほっと救われた気もしました。しかしこれらの映像はいつ取材されたのか?この事件が起こってから取材されたにしては綿密で、既に用意されていた様な違和感を感じました。どうしてこの映像があるのかの説明が欲しかったと思います。ニュースの報道だけでは知り得なかった橋田さんの映像に、改めて命を賭けて仕事に取り組む情熱が伝わり感動しました。ストレ−トに戦争を批判するのではなく、淡々とした番組の運びがかえって印象に残る番組にしていました。若い人たちに見てもらいたい番組でした。

Loading...