Loading...

番組審議会だより

第392回(平成16年5月26日)

  • 5月度の第392回番組審議会は、5月26日(水)開催され、6名の委員(敬称略)原田溥、田口正公、佐々木喜美代、江下明彦、宮崎恵子、松永摂子の各氏及び放送局側より松村準平代表取締役社長以下11名が出席。
    「 NNNドキュメント '04 病院のつうしんぼ」について審議しました。
    「九州チンドン屋烈伝 」について審議しました。

【議事の概要】

この番組を見てチンドン屋を初めて知った人、懐かしく見た人など様々だったと思います。小松政夫さんのユニークなナレーションがチンドン屋の歴史や舞台裏、それに現在の活動を描いたゆったりとしたテンポの番組を一層引き立てていました。チンドン屋の全国大会が開かれている事も初めて知り、大会へ参加する芸人たちの芸に取り組むひたむきさに感動すると共に若い人たちもいることに驚きました。又、「路上が一番厳しい」「路上が一番お客さんに近い」「路上が最高のひのき舞台」など、番組の中で語られる一言一言に路上にこだわる芸人の生き様がよく表現されていました。ただ登場人物がなぜチンドン屋を目指したのかが、いまひとつはっきりしませんでした。世界の情報をインターネットなどで瞬時に手に入れる事の出来る今、タイムスリップをしたようなチンドン屋の話題には新鮮味や清涼感を感じました。

Loading...