全力投稿F

Hulu

FBS福岡放送

バリはやッ!

毎週月-金 5:20-6:30

[トクソー] 2017年6月1日(木)のオンエア情報

バックナンバー

九州生まれ!夢の新ブランドサバ

Check!
寄生虫のリスクがなく安全なサバを目指して…。
今回は九州生まれ!
夢の新ブランドサバをトクソーします!

福岡で長く親しまれている、ソールフード「サバ」。
刺身やごまサバなど、生で食べる方も多いですよね。
ただ、サバと言えば気になるのが寄生虫の「アニサキス」による食中毒です。

「アニサキス」とは、サバやアジなどの魚介類に寄生する糸状の寄生虫で、
長さ2~3センチと、目に見える大きさです。
この「アニサキス」が原因の食中毒者は、ここ10年で20倍以上に!
人の体内に入ると、激しい腹痛などの症状を引き起こします。

そんな中、「アニサキスのリスクがほぼない!」という
夢のような、九州生まれの新ブランドサバがあるそうなんです!

ブランドサバの産地、佐賀県唐津市。
九州大学の長野准教授は、5年前から、唐津市と共同で研究を進め、
サバの完全養殖を成功させました。
完全養殖とは、養殖したサバから採取した卵をふ化。
稚魚を海の生けすで成魚に育てあげ、再び卵を採取する、
サイクルのことをいいます。

水温やエサなどの微調整を繰り返した結果、
3年前に完全養殖に成功し、サバの生存率もおよそ2倍まで向上しました。

そして唐津市と九州大学による、新ブランドサバ「唐津Qサバ」として、
唐津を中心に福岡市内にも出荷を開始しました。

このQサバに、アニサキスがいない秘密はエサにあります。
サバはアニサキスが寄生したオキアミなどを食べた結果、
アニサキスが寄生しますが、生けすで管理された養殖のサバは
天然と比べそのリスクが格段に低いというわけなんです。

アニサキスが寄生する可能性は、ほぼゼロ!というまさに
夢のサバ「唐津Qサバ」!
来シーズンは3~4万匹の出荷を目指しています!

どこで買えるか、また食べられるかは
唐津市水産業活性化支援センターまでお問い合わせ下さい。

●唐津市水産業活性化支援センター
・電話番号:0955(51)7470
ページトップ
FBS福岡放送
〒810-8655 福岡市中央区清川2丁目22番8号
Copyright©FBS. All rights reserved.
許可なく転載することを禁じます。