全力投稿F

Hulu

FBS福岡放送

バリはやッ!

毎週月-金 5:20-6:30

[月曜から早起き] 2016年12月12日(月)のオンエア情報

バックナンバー

北九州に独立国を作った国王に直撃!

Check!
福岡県北九州市門司区。
観光地で有名なこの地に存在する独立国とは!?
すごすぎる国王に直撃してきました!

カボチャドキヤ国立美術館!?
松井アナを出迎えてくれたのは、
トーナス・カボチャラダムスさん・御年72歳です。
いったい何者なのでしょうか…!?

謎だらけですが、ひとまず美術館の中へ…。

美術館にはカボチャドキヤ国立美術館という名前の通り、
たくさんのカボチャの絵が展示されています。
作品のすべてがカボチャラダムスさんの作品です。
その数およそ100点。
独立国「カボチャドキヤ」とは、
国王であるカボチャラダムスさんの想像から生まれた国なんです。
もちろんれっきとした画家であり、アーティスト。
作品は、自宅のカボチャ型アトリエで描いています。

門司で育ったカボチャラダムスさん。
その昔、建築家を志し、あの天下の東京大学に入学。
しかしこのままでいいのか…と思い悩み中退。
故郷の門司に戻り画家の道に進んだそうです。

そもそも、何故かぼちゃなのでしょうか?
「カボチャはずっしりしていて、山あり!谷あり!エネルギーを感じる」
とカボチャラダムスさんはおっしゃいます。

そして作品の絵の中をよ~く見てみると、
小さく人間が描かれています。
しかも舞台は門司。
もうなくなってしまったお店などもありますが、
実際に存在しているものを描いているのだそうです。
門司の昭和の風景を残したいという思いから
描くようになったのだとか…。
作品には、油絵だけでなく、版画の作品もあります。

さらに、国王の髪の毛を切っているという
「マツナガおしゃれヘアーサロン」へ。
とっても奇抜なご主人もカボチャラダムスさんの作品がお気にいりです。
作品が店内に展示されており、
国立美術館分館になっているんですよ!
カボチャラダムスさんの作品は、
大手酒造メーカーのイベントポスターやいろいろな雑誌にも掲載され、
教材の表紙になったことも!
日本を代表する詩人・谷川俊太郎の詩に絵をのせた本も出版しました。
美術館は来年15周年を迎えます。

カボチャラダムスさんの今後の目標は、
「カボチャを食べて健康になるという心がけをしている」との
ことでした。

カボチャドキヤ国立美術館は土曜日・祝日のみ開館しています。
カボチャラダムスさんの不思議な世界観を、
ぜひ生で感じてみてはいかがでしょうか!?

●カボチャドキヤ国立美術館
住所:北九州市門司区谷町2-6-32
電話番号:093-331-5003
開館時間:午前11時から午後4時
開館日:土曜日と祝日(または振替休日)・日曜日は休館
入館料:300円・中高生100円・小学生以下無料

●マツナガおしゃれヘアーサロン
住所:北九州市門司区東本町1丁目5-32
電話番号:093-321-3804
営業時間:平日午前9時から午後7時半
土・日・祝日 午前8時半から午後6時半
定休日:月曜/第一月曜・火曜連休
ページトップ
FBS福岡放送
〒810-8655 福岡市中央区清川2丁目22番8号
Copyright©FBS. All rights reserved.
許可なく転載することを禁じます。