全力投稿F

Hulu

FBS福岡放送

バリはやッ!

毎週月-金 5:20-6:30

[匠のパン工房] 2016年8月10日(水)のオンエア情報

バックナンバー

ぶももベーカリー

住所
福岡市東区香椎6丁目6-35
問い合わせ
090-5730-8687
Check!
表面をカリカリのカラメルでコーティングした「クリームブリュレ クリームパン」やラム酒の風味がきいたバタークリームをクロワッサン生地で巻いたコルネなど、
ちょっとした工夫でお客さんにパンの楽しさを提供しているお店。福岡市東区香椎の住宅地にある「ぶももベーカリー」です。今回の匠はオーナーの中村沙季さん。中村さんは、大学で栄養学を学び、その後大手パンメーカーに勤めましたが、自分のパン作りをしたいと、一念発起し独立、開業しました。 パンメーカーを退職後、自分が本当に作りたいパンを研究するため、中村さんは1年間、毎日自宅で試作を重ねました。その試作の中で誕生した、中村さん一番のこだわりの逸品が「森の白フィグ フリュイセック」。ドライフルーツがたっぷりと贅沢に入ったパンです。ドライフルーツがいっぱいというのが大きな特徴!何種類もドライフルーツが入っているので、最初甘みがあったと思ったら、酸味のあるクランベリーが出たり、噛んでいくほどに味がどんどん増えていくおもしろいパンです。生地の6割も占めるというドライフルーツ!白イチジク・黒イチジク・クランベリー・サルタナレーズンをたっぷりと使用します。このドライフルーツをカットしてラム酒に漬け込んでいきます。その漬け込む時間にもこだわりがあるんです。ラム酒の風味がパンの表面に出やすくなるという3~4時間にしています。さらに香ばしさを出すために、お店でローストしたクルミを細かく砕いて生地に入れるんです。パン生地からこだわる中村さん。ドライフルーツの味に負けない生地のおいしさを出すために「ヨーグルト」を入れているんです。その生地にドライフルーツやクルミを混ぜ込み、一晩寝かせて熟成し、もっちり食感の生地に仕上げていきます。中村さんが一年の試作の上で誕生した、こだわりのパンの完成です。ラム酒の風味の効いたちょっと大人のパン。噛みしめるたびにドライフルーツや生地のうま味を楽しめます。中村さんはドライフルーツが好き過ぎるため、生地の6割ものドライフルーツを入れているんですって!ラム酒の風味が聞いたドライフルーツの旨みと、その味に負けない生地の美味しさを楽しめるワインなどのお酒との相性もバッチリ!

●森の白フィグ フリュイセック(205円)

ページトップ
FBS福岡放送
〒810-8655 福岡市中央区清川2丁目22番8号
Copyright©FBS. All rights reserved.
許可なく転載することを禁じます。